ニュージーランドでECE(幼稚園・保育園)の先生になってみた♡

ニュージーランド5年生。Early Childhood Education(幼稚園・保育園)の先生をしています♡ワーホリ、大学、フラット、永住権などなど、自己満足な日記にハエレマイ♪

一時帰国で変わった(らしい)こと。

Kia ora,

 

日本に一時帰国で戻りたてだった頃、

家族や知り合いなど久しぶりに会う人々から

「外国人風の顔に変わったね〜!」と頻繁に言われていました💡

 

頬っぺたや額の凹凸がしっかり見えるようになってきていたらしい。

 

ニュージーランドにいると

私の顔が、平たい顔族の日本人らしさ満載でコンプレックスだったので、

なんとなく嬉しい〜☺️

 

さらに、ニュージーランドでは当たり前の

サングラスをかけたり頭の上に載せたりするだけで

「おおー!」と言われたことも😁✨

 

 

ところが!

 

親知らずを抜いて若干頰が腫れ、凹凸が見えなくなってきた頃から

だんだん「日本人らしい顔に戻ってきたね〜」と言われ始め、

 

数週間後には、正真正銘、平たい顔族の仲間入りに😅

 

私たち家族の勝手な想像としては、

どうやら英語ばかり喋っていた時の方が

舌や口の動きが大きかったり

表情も豊かだったりするため、

顔がくっきりはっきりしやすくなるのでは…?とのこと💡

 

本当のところはどうなんでしょう??

 

また、英語生活が当たり前だったところに

突然日本語ばかり喋らないといけなくなるので、

日本語の間違いがより多くなったし、

疲れたら英語に戻ってしまうこともあります。

 

"浦島たろ子"というあだ名を家族に付けられ、

テレビや有名人の話になると、

みんな簡単な紹介説明付きで話してくれるようになりました😆

 


f:id:kiwipukeko:20190522203515j:image

f:id:kiwipukeko:20190522203545j:image

 

体重については、

日本での食生活のほうが

貧乏節約ニュージーランド自炊生活よりも贅沢になったけれど、

ほとんど変わっていません💪⭐️

 

久しぶりに英語の文章を作ると・・・

Kia ora,

 

ニュージーランドの幼児教育の先生として、

最初の2年間はMentor制度があります。

(本人の事情や家庭の事情などによって2年間をまとめてとれなくても、確か6年以内なら大丈夫だったはず!)

 

職場となる園やマネジャーの方針によって違うらしいけれど、

私の園では毎月1回ずつ自分のメンターであるマネジャーとのミーティングがあって、

 

その他には月1本ずつReflectionというものと

なにか1種類のEvidenceをフォルダーにまとめていきます。

 

Reflectionとは、

「気づいたこと→認識・分かったことなど→これからの第一歩」みたいなことを、

 

ニュージーランドのEducation Councilが定める

"Our Code, Our Standards"という

先生として目指したい事柄に沿って文章にしていくもの。

f:id:kiwipukeko:20190521202950j:image

Evidenceは、当てはまる範囲がとても広く、

例えば子どもたちのために書いたStory、教室のセットアップ、調べた文献など、

基本的にはなんでもがその証拠になり得ます。

 

ま、こうやって書いていても、

実際はよく分からないですよね…😅

 

 

普段、子どもたちの成長については

ノンコンタクトの時間を仕事中にもらえるから

否応なしに書かないといけないけれど、

 

自分自身の、先生としての成長についてしっかり振り返ってそのフォルダーを作るのは

仕事外の時間にやらないといけないから

どうしても後回しにしてしまいます💦

 

だから、先月4月分と、今月5月分のReflectionの文章をまだ書いていなかった私・・・。

 

「ホリデー中に仕事のことを考えるなんて、やっぱり日本人らしいなぁ〜」というネガティヴな部分と、

 

「いや、今のうちに作っておけば、後が楽になる!」というポジティブな部分から、

 

とりあえず今日1本、書き上げました💪

 

まず、"Our Code, Our Standards"の中からどのスタンダードにフォーカスするか、

そして何の話題について深めていくか、なかなか決められなかった💦

 

やっぱり頭もホリデーだ!

f:id:kiwipukeko:20190521211903j:image

でも、たまたま、家族2が現在学んでいる、オーストラリア出身のTriple P (Positive Parenting Program/前向き子育てプログラム)に興味を持ったので、

その本を一冊ざっと目を通してみました💡

 

すると、ニュージーランドの幼児教育カリキュラム "Te Whāriki"と似ている部分もあり、

前向きな子どもとの接し方について書いておきたいことを発見〜😊✨

 

頭ではだいたいのReflection構想ができているものの、

ちゃんと文章を書くのはとても久しぶりだったし、

Triple Pに関する参考文献とかも入れる羽目になったので(←普段のReflectionで引用は必須ではない)、

とても時間がかかりました😅😅

 

APA Referenceに従って参考文献を書くのも久しぶりで、

細かい単語の順番とか、斜めにする文字とかもほぼ忘れていたし、

 

そもそも、ニュージーランドでの大学時代に、日本語の本を英語で引用することなんてなかったから、

余計にややこしい!🤣

 

家族2に、「"state"の他の言い方は何だったっけ?」と聞いてみたり…。

 

家族2からは英和辞書をドンっと渡されて調べてみたけれど、

そこには知りたい英語の他の英語は載ってないよ〜〜。

 

"○○(調べたい英単語)  synonyms(類似語)"とインターネットで検索しまくったため、

パソコンの動きが遅くなってしまったり…。

 

予想以上に手間と時間がかかったけれど、

無事に1本書き上げられました💪⭐️

 

もう1本、さぁどうしましょう・・・

ハイサーイ!行きたーい!沖縄♡

Kia ora,

 

最近、またまた沖縄病発症中です。🌺

 

沖縄病とは、諸説あるみたいだけれど、

例えばweblioによると

沖縄に行きたくなったり、

沖縄料理を食べたくなったり、

移住したくなったり、

とにかく沖縄の魅力に引き寄せられていることを言うらしいです。

 

今回の一時帰国中の歯医者通いもあと1回となったので、

ふと「沖縄に行けないかな〜?」と思って航空券を検索してみたら、

やはり直近だと空席待ちor高額😭✈️

 

ま、そりゃそうですよね・・・。

 

歯医者でもこの話をしたら、

受付を超えて待合室の方まで

先生たちの笑い声が響き渡ってきていたようです😅

 

その話の中で、歯医者さんとそれぞれの

バックパッカーやカプセルホテル宿泊話もしていたから、

縦に2,3段、奥に細長いベッドのこととかも

歯科衛生士さんがビックリして笑いまくっていました😆

 

 

そして、たまたまスーパーで沖縄フェアが開かれていたので、

沖縄病の若干のお薬、沖縄そばをゲット〜😍❤️

f:id:kiwipukeko:20190516194844j:image

たった5分で、簡単に、

こーんな美味しい沖縄そばを食べられるだけでも幸せ💓

f:id:kiwipukeko:20190516202003j:image

ニュージーランドで日本の食品は激高で買えないし、

そもそも沖縄そばとかそういう特別なものはほぼ手に入らないから

今のうちに食べておこう!!⭐️

 

 

ニュージーランドの友達と

日本の文化、良いところ、悪いところなどなどを話し合う機会がよくあって、

東京、大阪、京都などは勿論のこと、

沖縄や自分の地元もちゃっかり宣伝しています☺️💕💕

僕のキウイ英語!いや、私の・・・

Kia ora,

 

前回のブログの最後に、

私のお気に入りとして載せたキウイ英語表現について。

 

(まだご覧になっていない方は、ひとつ前のブログ「辞書で探せなかった英語表現!」をざっくり流し読みしてみてください☺️)

 

ニュージーランドが好きな方、

ニュージーランドに住んでいる方々ならもう

"Yeah nah"と

"Nah yeah"の表現はご存知ですよね。

 

"Yeah nah"は'NO'、

"Nah yeah"は'YES'という意味を持つ、

英語には珍しい種類の

曖昧に聞こえる表現💡

 

ある日、

キウイの仲間たちとのグループメッセージに、

"Yeah nah、バースデーのプレゼントありがとう〜"と英語で書いていたキウイの友達。

 

「彼が話題の先駆者だから、

YesもNoも言う必要がないのに、

なんでYeah nahで始まっているの??」と

不思議でした。

 

だから、後で、そういえばあの時にね、ちょっと気になってたんだけど・・・と

その話を振ってみたら、

 

彼が「あ〜、その'Yeah nah'は、'Ummm 'みたいな感じの、たいした意味のない'Yeah nah'だよ。あはは😁」と教えてくれました💡

 

 

その後、他のキウイ友達からも

「'Yeah nah'はキウイっぽいよ〜ぜひ使ってみてね!自然に言えるまで使いまくりな!」と言われたので、

 

ある時友達と普通に話している時に

ちょうど使えるタイミングがあったから

「Yeah nah ~~~~」と言いました💪

 

そしたら、すかさず、

「It's mine!! 'Yeah nah' is my English!」と突っ込まれ、

 

私も、

「Nah yeah nah it's mine too!!!」と言い返し🤣

 

結局、お互いにYeah nah, Nah yeahを連発して、(たぶん)和解しました☘️

 

 

'No'と全否定するよりは柔らかいニュアンスの 'Nah'、

それだけでなく、'Yeah nah' (またはその逆 'Nah yeah' を使うことができるキウイ英語が

大好きです❤️❤️❤️

辞書で探せなかった英語表現!

Kia ora,

 

キウイの友達とメッセンジャーで話していた時のこと・・・。

 

"True buzz, ~~~"と返信の一部に書かれていました。

 

「"True"は分かるけど、ここの"buzz"って何だ…?!」

 

「"うんうん、ブーーーン"って、賛成しながら蜂みたいな効果音を付けたの?」

 

「バズったの…?」

 

そうやって、色々考えながら

"buzz"という単語について調べてみても

しっくりくる意味を見つけられなかったので、

 

送り主に直接、「"buzz"ってここではどういう意味?」と聞き返しました。

 

すると、

"True buzz means like 'i see' " というお返事が💡

 

 

へぇ〜!!!

 

"buzz"だけでなく、"True buzz"がセットで、"I see"という意味だったんだ!!

 

まったく知らなかった!✨

 

"I see"だとなんとなく冷たい雰囲気を個人的に感じていたし、

 

日本語みたいに

「へ〜」

「なるほどー」

「ほほーう!」

「そうなんや〜」

「わかった〜」

みたいに、"I see"以外の色んな表現力を私は持っていなかったので、

 

"True buzz"という表現をこれから取り入れてみたいです💪✨

 

でも、ざっと調べてみた限りでは"True buzz"が"I see"の同意語と出てこなかったので、

もしかして、若者のキウイくらいしか使ってないのかな・・・?

どうなんだろう??

 

もし詳しい方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください🙇‍♀️⭐️

 

f:id:kiwipukeko:20190515173610j:image

ちなみに、別件だけれど、

こーんなキウイ英語満載の文章もお気に入り😆🐑❤️🐑❤️

 

日本の道路よりNZの方が運転しやすいなぁ〜

Kia ora,

 

オークランドで車を売り手離してからまったく運転をしていないので、

運転していない歴約10ヶ月。

 

日本に至っては、過去4年間まったく運転していなかった

ペーパー優良ドライバー!😁💡

 

家族の車を運転する際に保険が適用されるようになったので、

とても久しぶりに運転練習をしてみました。

 

田舎の道の真ん中にある駐車場で、

ゴロゴロっと動かしたり、

後ろからの駐車を試してみたり。

 

母は「前進で駐車するのが多いニュージーランドから来ているから、日本に多い後ろからの駐車が下手なのでは?」と

予想していたらしいです。

 

でも、オークランド時代、後ろが混んでいない時は

出やすさを考えて後進駐車をしていたため、

その感覚がちゃんと残っていました!😊

 

案外普通に作動できる〜と自信が少し戻ったので、

田舎の道もゆーっくりドライブ。

 

4年以上前に日本でしぶしぶ運転練習させられていた時から

なぜか私の周りには無駄に車や人が寄ってこない、

自称(&家族からの他称?)幸運の持ち主☺️🤞

 

今回も、追い立てるような車や危ない動きをしている人は特に私の周りに現れなかったけれど、

カモさんや白鳥みたいな鳥さんたちが道路の真ん中近くでのーんびりしていて動こうとしていませんでした😄💦

 

「運転嫌いが運転しているから、周りに寄ってきたら危ないよ〜⚠️」と、

人間たちは察してくれているのかな?

 

 

さて、運転練習2日目。

 

次はお店を抜け、大通りを通り、大型店の立体駐車場への駐車までをゴロゴロっと運転することに!

f:id:kiwipukeko:20190514205607j:image

ここも、まだ左折だけだったから楽勝〜😋💪

 

お次。

 

30分くらいの長距離運転!!

 

着いたらスタバで休もうね、というご褒美付きで😊💕

(←ニュージーランドでは個人のカフェが充実していて各自お気に入りがあるみたいなので、スターバックスの人気層には偏りがあるみたい。だから、キウイになりきりたい私にとって、NZのスタバはなんとなく入り辛くて…💦)

 

このロングドライブでは、

右折ももちろん出てきたー!

 

大きな道路での右折、ほんと苦手💦

 

ニュージーランドでは、ラウンドアバウトで流れに乗ったまま自然に行きたい方向へ向かえたり、

大きな道路で信号がしっかりあるところでは、右折が先に青信号になって曲がれたり。

 

そのため、日本の大きな交差点で、車が真ん中まで出てきて右折をしようと待っているのが、どうしても危なっかしく感じます😭💦💦

 

右折をしないといけない車にとっても、反対側の右折車と鉢合わせで見えにくいし、

右折の信号が赤になるタイミングも怖いし。

 

 

さらに、もう1つ日本で意味不明なのが、

速度制限が60と書かれていても、そのまま走っていたら後続車たちに大迷惑だということ。

 

今回も、大きな道路では70km/hで運転しました🚗←まるで高速やん!

 

これが、ニュージーランドだったら、基本的にどこの道も50km/h。

 

下り坂や、広くて見通しが良くて走りやすい道路だと、

隠れカメラやポリスが速度をチェックしていて

速度超過している車には容赦なく罰金を突きつけてくるらしいです。

 

だからニュージーランドでは50km/hの道なら運転速度も50km/hと、

多くの人々が守って運転しているので、

日本みたいにややこしくありません。

 

 

私は日本でほぼ運転をしたことがなくてニュージーランドに行ったから

こんな風に感じただけなのかもしれないけれど、

海外からの方々も増えてきていることだし、

こんなややこしい運転ルールは危険をより増やす気がするなぁ…。

 

皆さんはどう思いますか・・・?☘️

わたしゃ おんがーく家 山のこりす〜♪

Kia ora,

 

このブログをご覧のみなさま、

お気づきのことかもしれませんが

 

実はニュージーランドで好きなことのひとつが、

 

危ない虫や巨大動物などのいない自然の中で

ブッシュウォークや簡単な山登りをすること❤️

 

ほんの時々、フラットメイトや友達と

そういう休日の過ごし方をするのが好き!

 

 

今回の一時帰国中もずっと

「あ〜山登りたいな〜〜」と言い続けていて、

 

ちょうどお友達が泊まりに来てくれていたので

今日、遂に、実行しました!✨

 

運動が苦手な母も誘って😊💪

「小学生でも軽々登れる山だから大丈夫!」と励ましながら。

f:id:kiwipukeko:20190513170900j:image

こちら側からはあまり見えないけれど、

この山、とても綺麗な三角お山の形をしているんです!

 

まるで超ミニチュアの富士山!

 

f:id:kiwipukeko:20190513171052j:image

運動できるような靴を持っていないので、

家族3から借りました。

 

まるでアイススケートができそうなくらい、

がっしりしている頑丈な靴!

 

f:id:kiwipukeko:20190513171233j:image

5合目くらいまでは、とても歩きやすく整備された道なり。

f:id:kiwipukeko:20190513171325j:image

この5合目のサインがあってから

坂道と階段をぐんぐん登って行った先にあったのが、

 

また、5合目のサイン。

 

あれ??

 

5合目が2回あるらしい?😅

 

そして、そのサインをわずか10歩くらい進んだ先がこちら。

f:id:kiwipukeko:20190513171329j:image

6合目。

 

5合目とSecond 5合目の間はきつかったけれど、

その後の6合目までがsooooo easy!!!

 

f:id:kiwipukeko:20190513171839j:image

残り半分は幅の狭い階段(←登りにくい)、

くま蜂(←怖い)、

小さな虫たち(←気持ち悪い)などなど、

気を遣うところが多かったです。

 

f:id:kiwipukeko:20190513172120j:image

そして、山頂にとうちゃーーーく!💪✨✨✨

 

サクサク登ったらきっと15分くらいで登れる山を

母に合わせてかなーーーりのんびり、何度も休憩しながら登ったので、

だいたい30分くらいかかりました。

 

飛行機の音、

田舎の景色、

緑の空気、

友達&家族との時間、

どれもおいしい!💓

 

帰路の下り坂で、

行きにすれ違った人とまたすれ違いました!

 

本日2度目の登山とのこと!✨

 

もし虫がいなければ私もそうやって何度でも登り下りしたいなぁ〜☺️

 

みんなで登山頑張った記念&お友達また来てね記念として、

そのままがっつり、ラーメンランチ💪

f:id:kiwipukeko:20190513172838j:image

気持ちの良い運動の後の食事は、

より一層おいしゅうございました💕💕