夢を現実に♡ニュージーランド幼児教師物語

ニュージーランド4年生。Early Childhood Education(幼稚園・保育園)の先生をしています♡永住権のためにオークランドから引越し、多国籍の職場&フラット(シェアハウス)生活をしています。

日本から持ってきていて良かったもの☆

Thank you for visiting my blog♡ いつも読んでくださり感謝です!

Kia ora,

 

書きたいブログの話題たくさんあるのに、

なかなか記事化できていない日々です・・・。

 

最近、まるで冬のニュージーランドみたいに雨の日が多くて

寒暖差も激しいからか、

幼稚園では風邪が流行っています🤧

(ブログを読み続けてくれている方にとっては

永遠に続く風邪話かも・・・?)

 

仕事し始めてから約5ヶ月、

熱は出さずになんとか丸一日休みは取らずに働き続けてこれていた私でしたが、

遂に熱発症しました。

 

喉の痛みから始まって、

昨日の朝起きた時に明らかになんかだるくて、

体温を計ってみると38.4℃💦

 

そもそもニュージーランドの私の幼稚園では

先生は別にどんなタイプの病状でも

自分がお休みが必要だと思えばSick Leaveを申請できるのですが、

子どもなら強制的におうちに帰させる38℃以上の熱だったので、

マネジャーに電話してお休みすることを伝えました。

 

そして、お家で寝ていてもなかなか体温が下がっていっている感じがせず、

昼間に計ってみたら39℃…!!

 

どおりで身体が辛いわけだー!

 

朝から夕方まで何も食べる気が起こらず、

ただ蜂蜜とレモンのホットティーやお水をひたすら飲んで、

ひたすら寝まくりました。

 

そこでかなり助かったのが、

日本から持ってきていたものたち。

f:id:kiwipukeko:20181206061426j:image

即効性のある冷えピタ

 

そして、体温計

 

あと、お薬(イブ)。

 

どれもすぐに出てくるところにしまっておいたので、

気分朦朧としていても取り出してこれました。

 

冷えピタは、ニュージーランドでは基本的に買えないので、

万が一の時のためにぜひ持参してくることをオススメします!!

 

体温計は薬局とかで買えるけど、

熱が出てから買いに行く元気出ないだろうし…。

 

お薬は、イブみたいに解熱作用、頭痛&喉痛緩和作用などのある

Panadol/パナドールと呼ばれるものをスーパーで買えるけれど、

日本のお薬よりもひと粒が大きいから

日本のものに慣れている人には不向きかも…?

 

 

昨日1日中寝るしかしていないので、

熱も無事に下がったし昨日よりは身体が随分楽になりました✨

 

でも、病み上がり感満載だし喉も痛くて

子どもたちを前にバリバリ働ける気がしないので、

今日1日も仕事をお休みして身体を労わる日にします💤

 

 

追加。

*日本からぜひ取り入れてほしいもの*

 

野菜たっぷりの鍋焼きうどんとかを簡単に安く買えるコンビニが

ニュージーランドにもあればいいのになぁ〜と実感しました。