夢を現実に♡ニュージーランド幼児教師物語

ニュージーランド4年生。Early Childhood Education(幼稚園・保育園)の先生をしています♡永住権のためにオークランドから引越し、多国籍の職場&フラット(シェアハウス)生活をしています。

時間にゆるいNZの職場。

Thank you for visiting my blog♡ いつも読んでくださり感謝です!

Kia ora,

今日、日本では敬老の日なんですね!

敬老の日、おめでとうございます♡

最近世界中で悲惨な災害が増えていて心が痛いですが、

どうか皆さまが平和に安全に守られていきますように☆

f:id:kiwipukeko:20180917161423p:plain

 

ニュージーランドには敬老の日というものがありません。

 

さらに前回のQueens Birtday(6月)以降、

しばらく国民の祝日はお預けです・・・。

 

次の祝日は、10月22日のLabour Dayなので、

約3か月間は一切祝日なしで働き詰めです!

 

 

今朝、予想外に1時間お仕事開始が遅れるというブログで触れていました。

 (こちら☆)

kiwipukeko.hatenablog.com

 でも、朝幼稚園のスタッフルームでくつろいでいたら

8時過ぎてからマネジャーがやってきて、

 

「連絡が行き届いていなかってごめんね~。

突然だけど、今から働ける?

このまま待ち続けるよりも良いよね?」

 

ということで、

8時からのシフトに急遽変更してくれました♪

実質10分くらいもう仕事開始時間過ぎていたけれど。

f:id:kiwipukeko:20180917163308p:plain

オークランドでリリーバーをしていた時も、

急遽「今から何時でも良いからなるべく早く働きに来れる?」と

仕事依頼の電話があったことがあります。

 

そして、「大丈夫ですよー!なるべく早く向かいます!」とお返事して

急いで準備して30分後くらいとかに職場に着いたら、

 

「来てくれてありがとう!!

今の時刻は9:15am(例)だから、9時から働いていることにしよう!」

 

と、区切りの良い30分単位に合わせて

前倒しして給料を払ってくれたことがあります。

 

ニュージーのバスは日本のほど時間に正確じゃないし、

オークランドなら特に道路の交通渋滞もひどいので、

多少の遅刻をしたとしても甘くみてくれます。

 

日本人なら「遅刻した分、残業しなきゃ。」と思うかもしれないけれど、

終わりの時間はほぼ時間を守って、

さっさと帰宅する先生が多いです!

 

↑↑

もちろん、仕事を時間内に終わらせるように、

終わりの時間の30分前くらいから

時計をやけに気にしながら

残っている仕事を頑張って終わらせている先生が多いです。

 

どうしても終わらないような仕事は、

他の先生と話し合って仕事を分担したり、

翌日、一週間以内、一か月以内などでも構わない仕事は後回しにしたり。

 

日本の多くの職場はタダ働きの残業がかなり多いと聞くので、

こういうニュージーのゆるい点&意外にも懸命な点を

少しずつでも取り入れていければ良いのにな。。。