夢を現実に♡ニュージーランド幼児教師物語

ニュージーランド4年生。Early Childhood Education(幼稚園・保育園)の先生をしています♡永住権のためにオークランドから引越し、多国籍の職場&フラット(シェアハウス)生活をしています。

冬でもアイスクリーム♡

Thank you for visiting my blog♡ いつも読んでくださり感謝です!

Kia ora,

Happy Monday!! How have you been?

f:id:kiwipukeko:20180813154926j:image

今日の幼稚園の朝一は、とてもゆっくりスタートでした♪

 

7:30amに仕事が始まるearly siftの私は、次の先生が出勤してくるまでの30分間、毎朝1人でクラスの子どもたちをみています。

 

(日本の幼稚園だとそれが当たり前かもしれないけれど、ニュージーランドの幼稚園では複数人の先生とチームワークで働いているので、1人きりだと若干緊張します😅💡)

 

ゆっくりスタートだった理由は、いつもなら5〜10人くらいの子どもたちがその30分間に登園してくるけれど、今日はたった3人だけだったから✨

 

親とのbye byeに手こずって泣きわめくような子どもがいたり、

その最中に他の子どもたち同士が叩き合っていたり、

教室内を走り回っていたり、

う○こをしてしまった子どもがいてなるべく早くおむつ交換が必要だったり、、、

と、エンドレスで同時に色んなことが起こる年齢の子どもたちだから、人数が多くなればなるほど、1人では手に負えなくなります🤣💦💦💦

 

 

でも、落ち着いた時間が続くわけはもちろんなく・・・

クラスのベテランの先生1人が今日は不在だったこともあって(その先生は幼稚園内の他の場所でお仕事)、リリーバーの先生抜きの私たち正規の先生2人だけでペーパーワークもやらないといけなくて、子どもたちをみながら同時に進めていくのが大変でした💦

 

マネジャーが私のランチ休憩の時に、「今日の様子はどう?」と心配の声をかけてくれて、「まぁOKだけど、モーニングティーとランチの時間、子どもたちが食べることにあまり関心持っていなくて、座って食べないといけない時間なのに走り回ってて大変でした。」と伝えました🤣

 

そこで、マネジャーが、「先生の誰か、一緒に子どもたちと座った?子どもたちと食べてみた?」と聞いてくれたけれど、

実際、その時間帯に先生たちの休憩時間がかぶっていたり、

ペーパーワークもその時間じゃないとできないくらい忙しかったり、

その時間帯に登園する子どもがいて親とのコミュニケーションの時間に必然的に取られてしまったりして、

"理想は分かっているけれど先生が足りなくてできない"という状況です。

 

リリーバーの先生もう1人だけでも良いから追加してほしい・・・⭐️⭐️⭐️

 

そんな、怒涛の、ストレス溜まりまくりの月曜日だったけれど、マネジャーがアフタヌーンティー休憩の時に、先生たちにアイスクリームをお裾分けしてくれました💕💕

f:id:kiwipukeko:20180813154919j:image

ヘーゼルナッツに塩加減のあるバニラ❤️

このフレーバーのアイスクリームを食べるのは初めて😊✨

 

明日は、登園する子どもたちの数がもっと増える&新人くん2週目登園でまだまだ慣れないだろう期間だから、どうなるか恐ろしいです…。

寂しいのは分かるけれど、どうか、お願いだから、耳のすぐ横で1日中泣くのはやめてね…。

 

ランキング参加中♪

このおっさんにHigh Five/ポチっとしてね♡

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村