夢を現実に♡ニュージーランド幼児教師物語

ニュージーランド4年生。Early Childhood Education(幼稚園・保育園)の先生をしています♡永住権のためにオークランドから引越し、多国籍の職場&フラット(シェアハウス)生活をしています。

Rugby semi final!フラットメイトに誘われてラグビー観戦!

Thank you for visiting my blog♡ いつも読んでくださり感謝です!

Kia ora,

今朝フラットメイトから

「今日友達のラグビー観に行くけどPukekoも来る?40分×2回で、今回が準決勝だから見応え抜群!12:30pmに家出るよ!」

みたいなメッセージが急遽来ました😁🏉

 

もちろん、ニュージーランド大好きだからラグビーも好きになった私は

「行きたい!!!ありがとう〜連れてって!!」と👍

 

昨夜咳が酷くてあんまり寝れなかった私は、今朝の皆既月食代理のお散歩後にお昼寝(正式には午前中寝)をし、ラグビー観戦へのエネルギー抜群に🎶

 

それからのんびり用意していたら、急遽「Let's go!!」と予定の10分も早くに出発指令メッセージが!!!

キウイは時間ぴったしか若干遅刻が普通なのに、まるで日本の待ちきれない父みたい!😆⏰

「トイレだけ行かせて!!」っと速攻返信して、急いで追いかけました。

f:id:kiwipukeko:20180728185251j:image

フィールドに着い時はまだ試合始まっていなくて、今日闘うチームの情報や簡単なラグビーのルールを教わりました💡

フラットメイトが教えてくれた概要→「タックルしあって、ボールを線の向こうへ運ぶゲーム」。😎

 

大まかなルールは調べたことがあったし、オークランドでも地域のラグビー観たことあったけれど、こんなにもざっとしたルールにまとめられるって、分かりやすすぎる!流石!✨✨

 

「だいたい5歳児くらいでラグビーし始めるキウイが多くて、僕も裸足でラグビーしてたもんだよ〜」とも👍

確かに、私の愛する可愛いかわいいオーペアの弟たちの1人も、5歳になってラグビーを始めました😘💓💓

始めの頃はRugbytotsと言って、ジャンプしたり、走ったり、ボールに触れたり、といった基礎のキから練習していました。

f:id:kiwipukeko:20180728190354j:image

数ヶ月後には、Rippa Rugbyと言って、タックルをする代わりにRippa tag/布切れみたいなものを勝ち取る試合ができるようになりました😊✨

f:id:kiwipukeko:20180728190559p:image

(↑Googleより、Rippa Rugbyのイメージ像)

 

いざ始まった大人のラグビーは、迫力満点でみんな巨人!!!😳⭐️

f:id:kiwipukeko:20180728190858j:imagef:id:kiwipukeko:20180728190902j:image

時々フラットメイトが詳しい解説を入れてくれていて、身体的勝負だけでなく頭脳的闘いでもあることをひしひしと感じました!細かい場合によって変わるルールはやっぱりまだよく理解できないけれど…😅

 

オーペアのママから、「この巨人たちはもうRippa Tags付けてラグビーしていないんだろね〜。」とコメントが来ました😍☆

もしこの巨人たちがお子様用のタグを付けて、タックルし合わなかったら、なんと安全で落ち着いたラグビーに変身することやら・・・🏉☘️