夢を現実に♡ニュージーランド幼児教師物語

ニュージーランド4年生。Early Childhood Education(幼稚園・保育園)の先生をしています♡永住権のためにオークランドから引越し、多国籍の職場&フラット(シェアハウス)生活をしています。

IELTS試験スタイルが進化!

Thank you for visiting my blog♡ いつも読んでくださり感謝です!

Kia ora♪

 

欧米への進学や、ニュージーランドなどでの永住権、教員・看護師資格などに必須な可能性の高い英語の試験IELTSに大きな変更が現れたようですね!!

 

IELTSとは何?どんな試験?どう役立つのか?というのはまた後々ブログを作るとして・・・(╹◡╹)

 

今までIELTSは試験場での筆記がメインだったのですが、一部の試験場(ニュージーランドでは現在オークランドとウェリントンのみ)で、パソコンと対面しての試験になるようです。

 

★IELTSの公式ホームページはこちら★

https://www.ielts.co.nz/?gclid=CjwKCAjwp7baBRBIEiwAPtjwxMV44Nsvf-bz3xuk9c8NVqD1pm6LSrakoW7c6FCN-84gZotcjrpXzRoC9QYQAvD_BwE

 

★コンピューター版IELTSの宣伝動画はこちら★

https://m.youtube.com/watch?v=JWsW8NDGlnA#

 

この動画で、「コンピューターへの打ち込みスキルを上げる必要があるのと、思いがけない綴り打ち込みミスを防ぐよう気をつけないといけない」と女の子が発言していました。確かに( ̄∇ ̄)!

 

私は本番のリスニングテストで"フォレスト"がforestなのかforrestなのか曖昧だって、Forrest Hillという地名がNZに実際にあるからforrestと書いたら、正解はforestで、勿体無い悔しい綴りミスをしたことがあります…-_- 手で書くとなんとなく違和感抱くことでも、パソコンだと気づかなさそう。。

 

また、オンライン上に沢山あるリーディング過去問題を印刷するお金がなかったから、パソコンでリーディング練習をしていたことがありますが、パソコン上だとペンでチェック入れられないし、大量の文章を読むには目がかなり痛かったです(*_*)

 

でも、ライティングはさくさくパソコンに打ち込めて、自動で文字集計もしてくれるようだから、便利そう♪♪

 

もうIELTSしばらく受けたくないけれど、もしパソコンでのIELTSを受ける人がいたら、体験談聞いてみたいですね!