夢を現実に♡ニュージーランド幼児教師物語

ニュージーランド4年生。Early Childhood Education(幼稚園・保育園)の先生をしています♡永住権のためにオークランドから引越し、多国籍の職場&フラット(シェアハウス)生活をしています。

新しい1週間スタート☆

Thank you for visiting my blog♡ いつも読んでくださり感謝です!

今日は日本では海の日だそうですね!猛暑の中いかがお過ごしですか?

 

ここニュージーランドでは普通の平日、月曜日です!(マオリの新年、マタリキの時期ではあるけれど、祝日にはならない…(´-`).。oO)

f:id:kiwipukeko:20180716163957j:image

私は今日から、今週いっぱいだけ、いつもとは違う教室に配置されています!

ちなみに、ニュージーランドの幼児教師はチームワークで成り立っています。日本みたいに1人の担任が何十人と相手するのではなく、

① 2歳児以下→1人の先生に対して5人の赤ちゃんまで。

② 2歳児以上→1人の先生に対して10人の幼児まで。

と、政府が定めています。

 

そのため、例えば

① 20人赤ちゃんがいるクラスなら、先生は最低4人以上

② 先生の数が3人の2歳児以上クラスなら、子どもたちは30人まで

という感じになっています。

 

ということで、やっと私が担任の1人である自分たちのクラスの子どもたちの名前を覚えられた頃なのに、今日から1週間別のクラスでまた名前の覚え直しです…(°▽°)しかも、見た目そっくりの、ほぼ同じ服装をしている双子ちゃんがいたから、更に大変!ニュージーランドでは「○○ちゃんのお母さん/お父さん」という呼び方は普通しないので、子どもたちのご両親や祖父母の名前まで覚えきるのはいつになることやら〜(#^.^#)

 

新しいクラスに入ることにもちろん不安は少しあったけれど、子どもたちは朝一からハグをして迎えてくれたし、"What's your name?"と聞いてくれる子どもたちが沢山いて、私こそ"What's YOUR name?"と聞き返しやすくて助かりました♡

 

いつものクラスと年がたった一歳違うだけで、自立していて落ち着いている子どもたちが多い印象を受けました!

午後には、フラフープでjail(刑務所)やforest(森)まで連れていかれたり、う○この中に数々のお野菜とフルーツが入っている食事を出されたり…

フルーツをミックスする話をしていた時、ストロベリーはredで、バナナはyellowで、ブルーベリーはblueで・・・"え?ブルー??( ̄∇ ̄)パープルだと思ったけど?"と聞き返したけど、ブルーベリーはどうやらブルーらしいです!

f:id:kiwipukeko:20180716164133j:image

そんなこんなで、明日からも少しずつ名前覚えていきながら、想像力豊かでフレンドリーな子どもたちと楽しい1週間を作り上げていきます♪♪

 

Thank you for reading my second post!! Hope you enjoy getting to know about the kiwi/nz life!

Pukeko